アロマの香りでリラックス

アロマテラピーで心のストレス解消

精油を使ったアロマテラピーは、直接病気を治すというものではありませんが、心身のバランスを整える自然療法です。

 

精油に凝縮された植物のパワーを、鼻で匂いを嗅いだり、皮膚から取り入れることで、心身にさまざまな作用をもたらします。

 

その時々の自分の心身の状態を把握し、得たい作用に合わせた精油を選んで活用しましょう。

 

リラックスに導いてくれる精油

寝ても疲れが取れない時は、心にストレスが溜まっていることが多いですよね。
そんなとき、匂いは脳に直接働きかけてくれるので、精神的な疲労を取り除いてくれる働きがあります。

リラックスイメージ

 

眠れない

眠れないときは、心身をリラックスさせてくれる鎮静作用がある精油がおすすめです。

  • ラベンダー
  • カモミール・ローマン
  • オレンジスイート

 

寝起きが悪い

朝の眠気を吹き飛ばして、頭をスッキリと目覚めさせてくれる精油がおすすめです。

  • ペパーミント
  • ローズマリー
  • レモン

 

精油の効果を簡単に楽しむ方法

アロマテラピーで、香りを楽しむ方法は、とても簡単です。

 

精油を準備

精油は、デパートや雑貨屋などで購入することができます。
特にラベンダー、ペパーミント、ローズマリーは、比較的手に入れやすいでしょう。
アロマテラピーで使う精油は100%天然のものです。
似たような香りの製品に、ポプリオイルがありますが、これは合成香料を使用しているので、アロマテラピーには向きません。

 

精油を選ぶ

選ぶときのポイントは、「好みの香り」かどうかです。
一口に「ラベンダー」といっても、メーカーによって香りに違いがあります。
脳が嫌いだと思う香りでリラックスすることはできませんので、必ずテスターで確認し、自分の好きな香りかどうかを確認してください。

 

香りの楽しみ方

香りを楽しむのに、ディフューザーのような器具はあればおしゃれで便利ですが、少なからず器具の手入れが必要です。
香りを変えるたびに洗浄しなければならないので、若干手間がかかります。

 

キャンドルなど火を使って香らせるのも、睡眠時の使用は危険です。

 

ティッシュペーパーやハンカチなどに精油を1〜2滴たらし、枕元におく方法が簡単でいいでしょう。
(ハンカチに精油染みが残ることがありますので、見えないところで試すか、使わなくなったハンカチを利用してください)

 

肌に直接つけない

寝ている時に、精油をたらした部分が、直接肌につかないように気を付けてください。
ラベンダーは、直接肌についても大丈夫ですが、精油は植物の有効成分が凝縮されたものなので、肌につけるときは1パーセント以下に薄めるのが基本です。

 

特にレモン、オレンジなどの柑橘系は光毒性があり、精油が肌についた状態で太陽に当たるとシミの原因になることがありますので注意が必要です。

アロマの香りでリラックス関連ページ

規則正しい生活を送る
寝ても疲れが取れない時に、サプリメントが効果的です。規則正しい生活を送ると快眠へと導いてくれます。