快適に眠るための温度

温度を調節して気持ちよく眠る

気持ちよく眠るために、温度は重要なポイントです。
睡眠に適したエアコンの設定温度は、冬は18度〜20度、夏は26度〜28度くらいです。

 

人それぞれ、快適と感じる温度は違いますから、この温度では眠れないということもあります。
そういうときは、眠るまでの間だけ、温度設定を変えたり、部分的に温度調節をするという方法があります。

 

冬の寝室の温度設定

真冬の夜は、布団も冷え切っていて、寝るために布団に入ったのに、かえって目が覚めて眠れなくなったという経験を持つ人も多いと思います。
ある程度室温を上げても寒さを感じるときは、布団を温めたほうが快眠には効果的です。

 

布団を温める方法は、電気毛布が最適です。
電気毛布は電磁波が気になって使いたくないという人もいますが、布団に入った時のひんやり感をなくすために使うので、布団に入るときには電源を切ります。

 

一晩中電気毛布で体を温め続けると、体温が上昇し過ぎて眠れなくなったり、夜中に目を覚まして不眠の原因となってしまいます。
質の良い睡眠時には、体温が下がって体はお休みモードになっています。

 

足が冷たくて眠れない場合は、湯たんぽを使って、部分的に温める方法もあります。
陶器の湯たんぽは冷めにくく、朝まで温かく快適に眠ることができそうです。

 

真夏の快適な室温

熱帯夜ともなると、エアコンをガンガンにきかせたくなりますが、外気温との差が7度を超えると、朝のだるさや体調不良を起こしやすくなります。

 

エアコンの温度設定は26度〜28度のままにして、湿度を下げて体感温度を調節しましょう。
快適と感じる湿度は50〜60%です。

 

どうしても暑くて眠れないというときは、一時的にエアコンの設定温度を下げて、寝室を冷やしておくと寝つきがよくなります。
一定の時間で切れるようにタイマーをセットして、睡眠中は冷やし過ぎないようにします。

 

寝つきが悪いときは、脳の働きが活発になって脳の温度が上昇していることがあります。
この場合は脳の温度を下げることで、寝つきがよくなります。
氷枕や保冷剤を使って、頭を冷やしてあげれば、エアコンの温度も下げ過ぎずにすみます。

 

寝室の温度設定と体の温度調節を上手に行って、快眠を目指しましょう。

快眠のための温度設定関連ページ

寝室の照明
寝室は眠るための部屋です。ぐっすり寝たはずなのに疲れが取れない場合は、寝室の照明を見直してみましょう。