寝酒と睡眠について

お酒は眠りを妨げていた

お酒を飲んだ日は、寝つきが良かったけど、翌朝すっきり起きられなかったという経験はありませんか?

 

お酒を飲むと、いつ寝たのかわからないというほど、寝つきが良いようです。
しかし、お酒を飲んで眠くなるのは、いつもの眠気とは性質が異なります。
メラトニンの分泌で眠くなるのではなく、アルコールで脳がマヒするために眠くなっているのです。

 

ですから、アルコールで眠ったときの睡眠の質を見てみると、質の良い睡眠とはいえません。

 

良い睡眠は、寝入りばなに深い睡眠状態であるノンレム睡眠に入ります。
ところが、お酒を飲んで寝た時は、深いノンレム睡眠には至りません。
一晩中レム睡眠と浅いノンレム睡眠を繰り返すので、当然目覚めが良くありません。

 

しかも、アルコールに頼って眠ると、酔いが醒めると目も覚めてしまうので、眠るためにだんだんとアルコールの量が増えてしまいます。
しまいにはアルコールがないと眠れなくなってしまい、アルコール中毒になってしまうこともあります。
寝酒を習慣にしている人は、快眠のためにも、やめたほうがよさそうです。

 

ご褒美のはずのアルコールが・・・

中途覚醒の原因に

アルコールは中途覚醒もひきおこします。
ビールは利尿作用があるので、夜中に何度もトイレに起きるようになり、快眠を妨げます。
日本酒やワインは脱水症状を引き起こすため、喉が渇いて目が覚めることがあります。

睡眠時無呼吸症候群の悪化

アルコールを飲んで寝てしまった人はいびきをよくかいていますよね。
これはアルコールで喉や舌の筋肉がゆるんで気道を塞ぐためにおこります。
いびきだけではなく睡眠時無呼吸症候群の原因にもなります。

働きつづける心臓

また、アルコールを飲むと、ドキドキして心臓の鼓動が早くなります。
通常、眠ることは体と体の機能の働きを最小限に抑え、翌日の活動のために休息をとって備えることです。
ドキドキしている状態で寝ていると、本来休めるはずの心臓が働き続けるため、心臓が受ける負担が大きくなってしまいます。

 

なんだかお酒を飲むと睡眠や健康に悪いことばかりです。
でも、夕食時のアルコールは一日がんばった自分へのご褒美と考えて楽しみにしている人が多いでしょう。
アルコールは食事とともに少し飲む程度にして、酔うほどのアルコールは控えたほうがよさそうです。

お酒を飲むとよく寝れるはウソ!?関連ページ

食事で眠りをコントロール
寝ても疲れが取れない時に、サプリメントが効果的。カフェインは目が覚めるけど、眠くなる食べ物ってあるの?